メインイメージ

THE LIFE 

交通事故に遭って怪我を負ってしまった場合、被害者は加害者に対して
損害賠償金を請求することができますが、被害者本人が加害者の加入している
保険会社と損害賠償金について示談交渉を行っても、加害者側が提示する
損害賠償金が妥当であるかは分かりません。

妥当かどうか


そこで、交通事故の示談の代理人に弁護士を立てて交渉すると
ほとんどの場合、受け取れる損害賠償金が増えることになります。

これは、損害賠償金の中の慰謝料の金額が保険会社が使っている基準と
弁護士が使っている基準で差があるためで、弁護士の使っている慰謝料の金額を
計算する基準は、交通事故の損害賠償金について争われた裁判の判決に基づいて
決められているため、より被害者の立場に立った慰謝料の計算方法が
できる基準になっているということができます。

弁護士基準


これが、被害者本人より弁護士が代理人として行ったほうが
交通事故で被害者が受け取ることができる損害賠償金が増える理由となっています。